最近イチオシの乳酸菌は・・・クレモリス菌FC株!

最近おすすめだなぁと感じる乳酸菌は、クレモリス菌FC株です。
カスピ海ヨーグルトという名前のヨーグルトに含まれる乳酸菌で、コーサカス地方から持ち帰られたもの、だそうです。

発酵の際にねばり成分である「EPS」が作り出されるため、ほんの少し粘り気のある不思議な食感に。
そしてその「EPS」は、健康維持に関わる多様な機能をもつことがわかってきている、とのこと。
つまりカスピ海ヨーグルトは、おいしくて健康にいい・・・ということなんです。

ちなみに、オリゴ糖を入れて食べたり、そのまま食べてももちろんおいしいのですが、
最近は、ドライフルーツを入れて食べるのにハマっています。

ドライフルーツを入れてそのまますぐ食べるのもおいしいし、半日から1日くらい時間を置いてから食べると、
フルーツが生の食感に戻ってさらにおいしくなります。

もともとフジッコのカスピ海ヨーグルトにドライフルーツのおまけがついていて、それを食べて「おいしい!」となったのがきっかけなんですが、
今では毎日食べているくらい、ハマってしまっています。

この食べ方だと、ヨーグルトによる乳酸菌の効果、そしてフルーツの栄養、両方が一気に摂れるのでかなりおすすめですよ。
カスピ海ヨーグルトの唯一の難点と言えば、値段、でしょうか。もう少しだけ安くなってくれるとうれしいのになと思います。
でも値段が少し高くてもおいしいし身体にもよさそうなので、これからもずっと続けて食べたいと思っています。